入れ歯の種類は大きく分けて2つ

  • 入れ歯の種類には、大きく分けて「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。
    入れ歯は保険適用という認識の方が多いですが、保険内で選べる入れ歯の種類には国で決められた制限があります。
  • 入れ歯の種類

部分入れ歯

  • 歯が一部抜けてしまい、ブリッジもインプラントも選択しない場合は、部分入れ歯による治療を行います。
    入れ歯とブリッジ、インプラントの比較はこちらをご参照ください。
    部分入れ歯の治療は、「クラスプ」という金属性のバネを、残っている歯に引っかけて取り付けます。
    保険治療の場合は、入れ歯の種類が限定されていて、クラスプ(金属)がついたタイプのものしか選択できませんが、保険外治療の場合には、審美的に優れた部分入れ歯も選択できます。
  • 部分入れ歯

総入れ歯

  • 歯が一本も残っていない場合は、総入れ歯による治療を行います。
    保険治療の場合は、プラスチックの入れ歯しか選択できませんが、保険外治療の場合には、様々なタイプのものから選択することができます。
  • 総入れ歯

保険で入れ歯を作った場合の注意点

保険内で作れる入れ歯は、審美性や耐久性をあまり重視しない、シンプルなものが中心です。
保険で作った入れ歯は、作り直したいと思っても、6ヶ月間は次の入れ歯の作り直しができないというルールがあるので、ご注意が必要です。

今の入れ歯が合わない方へ

近年、失った歯の治療に、入れ歯ではなく「インプラント」を選択される方が大変増えています。
今の入れ歯でも十分な食事が取れていて、問題がなければ、わざわざ入れ歯を替えたり、インプラントをする必要はありませんが、下記のようなことをお感じでしたら、インプラント治療をご検討されるのも良いかもしれません。

  • いくつ作っても入れ歯が合わない
  • 日々の洗浄が大変
  • 入れ歯がにおう
  • かたいものが食べられない
入れ歯の費用
項目 金属床 エステティックデンチャー
イメージ画像 金属床 エステティックデンチャー
素材 白金コバルトクロムチタン等 ポリアミドナイロン樹脂
装着性
安定性
費用(税別)
  • 250,000円
  • 150,000円(片側)
  • 200,000円(両側)
特徴
  • 薄く、軽い
  • 丈夫で割れにくい
  • バネが目立たない
  • ※人によって金属アレルギーになる可能性があります。
  • 薄く、軽い
  • 丈夫で割れにくい
  • 金属アレルギーにならない
  • ※残っている歯の状態によっては使用できない場合があります。