インプラント

インプラント無料相談 047-356-3518

インプラントって?

歯が無くなった場合、失った歯を元に戻すためには、3つの方法があります。

その3つとは、『入れ歯』 『ブリッジ』 『インプラント』です。


ブリッジの場合は、土台となる両隣の健康な歯を削ってしまいますので、歯の本数が少ない場合や、他の歯を削りたくない場合には治療が行えないという欠点があり、入れ歯の場合も、噛みごたえが悪い、はずれやすいといった欠点があります。


これらの欠点を改善したのがインプラント治療です。


インプラントの特徴

天然の歯に近い噛みごたえ

歯を削らなくて済む

入れ歯のように外れない

インプラント説明イラスト

チタン製の人工の歯根をあごの骨に埋め込み、それを土台(アバットメント)にして人工の歯(上部構造)を装着します。


歯を削る必要がなく、天然の歯に近い噛みごたえを得られるというメリットがあるため、近年インプラント治療を選択する人が急増しています。


まるで自分の歯のように自然に噛めるため、乳歯・永久歯に続く「第3の歯」とも呼ばれています。

入れ歯やブリッジとインプラントの違い

失った歯の治療には様々な方法があります。

それぞれメリット・デメリットがありますので、ご予算やご希望に合わせて選択しましょう。


メリットデメリット
入れ歯
  • 保険が適用される
  • 噛みごたえが悪い
  • 外れやすい
  • 発音がしにくい
ブリッジ
  • 保険が適用される(一部)
  • 歯と歯をつなぐことで噛む力を分散できる
  • 歯を削る必要がある
  • 治療ができない場合がある
  • 保険の適用に制限がある
インプラント
  • 天然の歯に近い噛みごたえ
  • 歯を削らなくて済む
  • ガタガタ感がない
  • 発音がしやすい
  • 保険が適用されない


インプラントイメージ

入れ歯からインプラントに変える方が増えています

「入れ歯にしてから食事の楽しみが半減してしまった」

「入れ歯を取り外して洗うことが面倒だ」

「入れ歯が合わなくてよく食事中に外れてしまう」

「硬いものを噛むときに痛みがある」



こういう方は、一度インプラント治療をご検討ください。

インプラントの問題点

良い所だらけに見えるインプラントですが、総入れ歯など、欠けた歯が多いケースでは、多いと8〜10本におよぶ多数のインプラントを埋め込む必要があり、結果的に患者様の治療費負担が大きいことが、これまでの課題でした。


「インプラントでおいしく食事をする感覚を取り戻したい」

「でも治療費が高額で・・・」



そういう方におすすめなのが、All-on-4(オールオンフォー)というインプラント方法です。

治療費用が安くなるAll-on-4(オールオンフォー)システム

All-on-4(オールオンフォー)とは、簡単にいえば、歯全体を4本のインプラントで支えることで埋入本数を減らすインプラント治療法です。


インプラントを斜めに埋め込むことで、力が均等に分散され、4本で顎全体の歯を支えることが可能となります。(※顎の状態によっては、6本で支えることもあります)

オールオンフォー

通常のインプラント法だとあご骨の量が足りない場合、骨移植によって補った上でインプラントを埋め込まなければならない問題点がありましたが、All-on-4の場合、骨量が多い地点に埋め込むため、骨量が少ない人でも骨移植などをすることなく行うことができます。



All-on-4(オールオンフォー)の最大のメリットは、何と言っても埋め入れ本数が少ないため、従来のインプラント法に比べて費用が安くなることです。


また、身体への負担が少なく、患者様によっては手術したその日からお食事ができるようになる方もいらっしゃいます。


All-on-4(オールオンフォー)メリットのまとめ

埋入本数が少ないので、費用が安くなる

手術回数が少ないので患者様の負担が小さい

あご骨の量が少ない方でも骨移植なしでインプラントが行える

※歯がかなり残っている場合はオールオンフォーが行えない場合がございます。

インプラント治療に必要不可欠の歯科用CT

インプラントの治療を安全に正確に行うには、事前の精密なCT撮影が必要です。

従来はインプラント治療の事前診断には通常のX線撮影(二次元)が行われていましたが、これからのインプラント治療にCT検査(三次元)はかかせません。


歯科用CT

CTを備えていない歯科医院がほとんど!?

歯科治療においてCTはとても有用な機械ですが、残念ながら導入費用の負担や、設置スペースの問題から、ほとんどの歯科医院ではCTが備わっていないことが普通です。


CTの備わっていない歯科医院でインプラント治療を行う場合、大きな歯科医院や大学病院を紹介されて、わざわざCTを撮るだけのために別の場所に行く必要があります。


医科用CTと歯科用CTの違い

CTを備えている歯科医院が少ない中で、さらに少ないのが、歯科治療専用の歯科用CTを備えているクリニックです。


医科用CTと歯科用CTの違いを比較してみました。



医科用CTと歯科用CTの違い

医科用CT歯科用CT
横たわって撮影撮影方法座ったまま撮影
長い撮影時間短い(約10秒)
高い被爆量低い(医科用CTの1/8〜1/50)
高い価格安い(医科用の半分以下)


歯科用CTは医科用と比べて、歯科治療に必要な、より細かい画像を少ない被爆量で、しかも低価格で取得することができると言えます。


是非一度ご自分のCT画像をご覧いただきたいのですが、あご骨の形態や神経の位置、骨密度などを立体的で精細な情報として取得することができるため、骨の状態が一目瞭然です。


当然、治療に利用する情報の精度が高まることによって、治療の成功確率が高まることは言うまでもありません。



まきの歯科クリニックは、最新鋭の歯科用CTを備えた、千葉県内では数少ない歯科医院です。
特にインプラントの治療のご予定がなくても、現在の歯の状態を知るために是非お気軽にご活用ください。


治療の流れ

カウンセリング

1:初診カウンセリング

インプラント治療についてのご説明とご相談をさせていただきます。

口腔内の状態によっては、先に別の治療をご提案する場合もございます。


CT検査

2:CT検査

歯科用CTの撮影をいたします。

撮影時間は10秒程度ですのですぐに終わります。


患者様の口腔内状態を考慮した上で、治療計画を立てます。


フィクスチャー埋入

3:第一次手術

あごの骨にフィクスチャー(歯根部)を埋め込みます。

局部麻酔で行うため痛みはほとんどありません。入院の必要もありません。

約1週間程度で抜歯や消毒を行います。


安定期間

4:安定期間

個人差がありますが、1〜3ヶ月程度の安定期間をおきます。

フィクスチャー(歯根部)と骨が結合する、大切な期間です。

※all-on-4(オールオンフォー)の場合、この期間が短くなります。


アバットメント(土台)装着

5.第二次手術

上部構造(人工歯)を取り付けるためのアバットメント(土台)を装着します。

この状態で歯ぐきが安定したら、上部構造(人工歯)を取り付けます。


インプラント治療終了

よくあるご質問

インプラントの治療期間はどのくらいかかりますか?

個人差がありますが、だいたい2ヶ月から3ヶ月かかります。

インプラントはどのくらいもちますか?

インプラントの材料はチタンですので、材料自体は半永久的にもちます。
お口の中の衛生状態によっては、インプラントの寿命が短くなる場合もあります。まきの歯科クリニックでは、土台(アバットメント)に5年、人工歯に2年保証をつけております。

インプラントは安全ですか?

手術というと怖がる患者様が多くいらっしゃいますが、インプラント治療に用いられているチタンは、とても生体親和性が高くアレルギーの心配もありません。
さらに、最新のCTを用いることにより、より安全性が増すと考えております。

インプラントは痛くないですか?

治療中は麻酔を打ちますので、痛みは全くありません。

インプラント治療は誰でも受けられますか?

あごの成長が終わった10代後半ぐらいの方から治療を受けられます。年齢の上限はありませんので、お年寄りの方でもインプラント治療は可能です。ただし、重度の糖尿病や心臓疾患などをお持ちの方や妊娠中の方などはインプラントの手術を受けられない場合があります。

インプラント手術って失敗することもあるんですか?

残念ながら、どこのクリニックでも100%手術が成功することはありません。
失敗する場合は、十分な安定期間を取らなくて骨結合(オッセオインテグレーション)が失敗した場合がほとんどです。当クリニックでは、必ず十分な安定期間を取るように心がけております。
また、当院では保証期間を設けております。
インプラント土台で5年間、上部構造(被せ物)で2年間となります。

歯科用CTを備えたクリニック